薬剤師求人、転職でのメリットとは



最近は転職も変わった事ではなくなってきており、多くの方が転職経験があるという時代に入ってきています。終身雇用という言葉も、多くの方が一昔前の言葉というイメージを持つ方も多く、変化の時代に突入しています。

薬剤師にもこれは当てはまり、転職をする方は他の業界よりも実は多くなっています。薬剤師は現在人手不足と言われています。全国的にまだ十分に薬剤師がいないため、ぜひ来て欲しいという職場も多く、売り手市場となっています。気になる方はおすすめ薬剤師転職サイトでチェックしてみるとよいでしょう。

また、転職する薬剤師の側から見ると、薬剤師の収入は他の一般職と呼ばれる職業と比べて専門性が高く、その分収入も高めの水準となっています。ですが、伸び率は一般職よりも良くなく、少し高めの水準で一定を保つ傾向にあります。

一つの職場で年数を重ねても収入に伸び悩む薬剤師の方が転職を検討するようになっており、転職する事で収入アップを目指す方も多くいます。そして、比較的こうした転職で収入アップに成功する薬剤師の方は多くなっています。

また、それ以外にもライフスタイルが変わってきたため転職をするという方も多いです。薬剤師は女性が多く活躍している職種ですが、女性は仕事の途中で出産や育児などがあるため、退職や休職をする方も多いです。

こうした方が再度仕事をするために転職をするというケースも多いです。元々正社員として仕事をしていても、家庭との両立があるため家庭も大事にしながら働ける職場を探す方も増えています。薬剤師は派遣やパートなどでも働く事ができます。

このように、転職の理由というのは人それぞれ様々なものがありますが、自分の中で良く考えて転職活動を行えば、今後の自分の生活にメリットの大きいものです。

最近の大きく変化する時代にその都度対応していくためにも、転職はこれからも、する方が増えていく事が予想されます。また、現状は薬剤師は売り手市場ですが、その状況も変わってくる可能性がないとは言えません。後悔しないためにも、よく検討していきましょう、

管理薬剤師が期待できる手当

手当がどれくらい整っているかというのは職場によって違いますが、管理薬剤師の場合は、どういった手当が期待できるのでしょうか。職場からの手当といえば気になるのが福利厚生に関することですよね。

例えば、住宅手当や通勤手当が用意されている職場で働くことができれば、月の出費を少なくすることができるでしょう。他には、慶弔見舞いや財形貯蓄といった福利厚生が用意されているところもあります。

それから、職場環境に応じた手当も用意されています。例えば、感染症などを取り扱う職場で働く場合は感染症手当が用意されていたり、X線を使った職場では危険手当といったものがつくこともあるのです。また、薬剤師以外の資格を取得していれば能力に応じた手当がつくこともあります。

管理薬剤師の手当としては、年間で30~50万円程度が支給されることが多いです。注意しなければならないこととして、手当の金額というのは職場によって大きく違うということを理解しておきましょう。

手当が充実している職場とそうではない職場を比較すると、仕事内容はそれほど変わらなかったとしても、収入に大きな差が生まれてしまうこともあります。大変な仕事をしているのに他に比べて福利厚生が充実していないとなるとストレスにも繋がってしまいますよね。

これは仕事へのやる気を低下させる原因にも繋がってしまうでしょう。実際に福利厚生が整っていないということを転職理由に挙げている方は珍しくありません。

年収が他に比べて多かったとしても、福利厚生が充実していない職場では結果的に出費が多くなってしまうことも考えられます。転職をする際には年収の金額だけでなく、福利厚生や手当についてもよく検討することが大切だといえるでしょう。

職場を比較する際に月給や賞与にばかり気持ちが向いてしまうのは仕方がないことだとはいえませんが、年収のみを重視して職場を選んでしまうと後からこういった問題に気づきやすいので細かい点までよく比較した上で職場探しをしたいですね。

薬剤師に向いている人とは?

どのような職業にも言えることですが、薬剤師にも向いている人と向いていない人がいます。薬剤師というと薬に関する難しい作業や業務を行う職業というイメージが強いかもしれませんが、実際に働いている方は接客業のようだと感じる事も多いようです。

また、職場によっては高い技術力が必要とされるため、技術職のようなイメージを持って働いている方もいます。それから、仕事上では計算をすることも多いのですが、計算の内容自体はそれほど難しくありません。 ただし、間違えることなく行う必要があるのです。

簡単な計算だからといって気を抜いてしまうと、必要以上に薬を渡してしまう結果にもつながるため常に責任感をもって作業ができる人でなければなりません。

それから、薬には飲み合わせもありますよね。薬剤師であればそういった知識もしっかり身につけているわけですが、それを説明をする際にはコミュニケーション能力も必要となります。そのため、なんと言えば患者さんに伝わりやすいのかを考えたり、言い回しを変えるなどする必要も出てくるでしょう。

特に副作用に関することなどは正しく理解してもらわなければならないため、コミュニケーション能力に問題がある方は薬剤師として活躍していくのはなかなか難しいと言えるかもしれません。そういった意味でも薬剤師は接客業のようだと言われることがあるのです。

薬剤師が仕事で接する人の中には変わった方もいるでしょう。簡単な質問をしただけなのに突然怒鳴ってきたり、話をまともに聞いてくれない方もいるかもしれません。そのような状況にも臨機応変に対応できる方が薬剤師に向いています。

人と話をするのが好きだったり、コミュニケーション能力に自信があるという方は薬剤師に向いているといえるでしょう。また、新薬に関することなど学ばなければならないことは常に沢山あります。

資格を取得した後は一切勉強せずに働ける職業ではないため、向上心を持って仕事に向き合える人でなければ薬剤師として活躍することは難しいですね。

管理薬剤師の平均年収はどれくらい?

薬剤師は国家資格となるため、沢山勉強し、大変な思いをしてやっと取得できる資格だといえるでしょう。 ですが、仕事の中には努力に応じた収入が得られない職種もあります。 薬剤師の場合、平均年収がどれくらいかというのはとても気になりますよね。

管理薬剤師といえば、沢山の薬剤師を求める立場でもあるため、一般的な薬剤師よりも高い給与が期待できます。その分責任も重い立場にあるわけですが、だからといって管理薬剤師になるために何か特別な追加資格が必要になるというわけではありません。

そのため、職場によっては新卒の薬剤師を管理薬剤師として置くところもあるようです。ただ、管理薬剤師は、薬事法などについて深い知識を必要とされる場面もあるので、最低でも3年以上実務経験がある人でなければ務まらないと言われています。こういったこともあり、平均年収が高めに設定されているわけです。

一般的な薬剤師と比べて管理薬剤師の平均年収がどれくらい高くなるのかというと、これは職場によってかなり幅があります。手当の相場は年間で30~50万円程度となっているため、これを一つの基準として考えてみると良いでしょう。

また、平均年収は600万円前後となっています。管理薬剤師ではない普通の薬剤師の平均年収は500万円ほどとなっているので、立場に見合っただけの年収が支給されているといえるのではないでしょうか。

ただ、先に紹介したいように年収の幅というのは非常に大きいです。職場によってはハードな仕事内容に見合った年収がもらえないところもあるため、そういったことにストレス感じているのであれば転職などについても考えてみると良いですね。

仕事内容に見合った年収や手当が設定されているところであれば、管理薬剤師はとてもやりがいのある仕事だといえます。将来的に調剤薬局を開業したいと思っている方にとっても様々な経験が積めるポジションだと言えるので、キャリアアップの一環として管理薬剤師として働くことを目指してみてはどうでしょうか。

このページの先頭へ